催し物

ーここは「島」であった。

海に透明な壁が存在した時代、壁の向こうに社会があったように島の中にも社会がありました。そして互いを繋ぐ船上にも。

昭和六年に八十一の開拓患者から始まった愛生園も今年で九十二年を迎えます。人の歩く姿はほとんどなし、時々見かけるセニアカー、今や小さな小さな社会ですが、島を歩けばいたるところに生活の記憶を感じます。

二代目園長の高島先生が好きだった言葉

「長島の岩は生きている。」

先人たちも歩いた道や森、私たちも歩いてみませんか。かつての暮らしに思いを馳せながら。 三月「内なる海、私を生きる」につづく二回目です。水俣病センター相思社の永野三智さんと文化人類学者の松村圭一郎さんと一緒に島を散策しましょう。

▷日時 10月16日(日)  ●長島散策 9時30分~11時  ●茶話会 11時~12時30分

▷ゲスト

永野三智(水俣病センター相思社)

松村圭一郎(岡山大学准教授、文化人類学者)

鑓屋翔子(さざなみハウス)

▷料金

・現地参加料1,800円(限定20)  

※当日、ドリンク&ランチボックス代として別途1,500円いただきます。

・オンライン参加料1,000円  ※当日のURLは別途お送りいたします。

予約はpeatixよりお願いします。http://ptix.at/yPAF65

喫茶さざなみハウス

岡山県瀬戸内市の長島愛生園内にある瀬戸内海が眺める喫茶店。 ハンドリップの珈琲、地元の野菜を中心に丁寧に作った週替わりの定食が人気です。 自家製ケーキやその他ドリンク、モーニングもしています。喫茶店から生まれる対話を大切に営業中。

VOICE

聞き手:鑓屋翔子(喫茶さざなみハウス店主) 文:大石始 写真:池田理寛 長島愛生園では2か月に一回、『愛生』という機関紙が発行されている。創刊されたのは開園の翌年となる昭和6年(1931年)。戦時中の一時期中断されたもの …

STORY

2022年6月、喫茶さざなみハウスにて笹久保伸さんのライブがありました。 ハンセン病について詳しく知らないうちに、導かれるようにして長島へたどり着いた笹久保さん。回春寮をはじめ長島を巡り、言葉にできない空気から気づかされ …

昭和63年にかかった邑久長島大橋。人間回復の橋として、本土と長島をつなぐ重要な役割を担っています。瀬戸内国際芸術祭への参加をきっかけに香川県の大島青松園と出会った山川冬樹さん。アーティストとして大島で何をすべきか。「海」 …

長島愛生園にある手掛島。海岸沿いの曙教会のふもとから引き潮の時だけ祠につづく道が現れます。かつては弁天街道と親しまれていたとか。荘厳な道を舞台にダンサーの平井優子さんが静かにしなやかに踊ります。 ▷長島ストーリープロジェ …

昭和28年に長島愛生園で結成されたハーモニカバンドの青い鳥楽団。リーダーだった近藤宏一さんの音楽や詩の世界を、三人の音楽家が現代に再現する姿を映像にしました。 ▷長島ストーリープロジェクト▷ 人物、風景、空気、そこに導か …

瀬戸内海にあるハンセン病療養所、長島愛生園の中にオープンした喫茶さざなみハウス です。私たちの一日が映像になりました。気持ちのよい海辺の喫茶店です。ぜひ、足をお運びくださいね。そばには歴史館もあり、見学もできます。 喫茶 …

喫茶店の日々

2021.08.11 水

清志初男を見送る会

長島ストーリープロジェクト第4弾。 さざなみハウスで一番の常連だった清志初男さんを見送る会の映像です。 2020.8.11に逝去して今日で一年。 さざなみハウスに清志さんが来ていた日々は、今から思うととてもかけがえのない …

2021.07.18 日

長島ストーリープロジェクト第三弾 -祠につづく道-

長島ストーリープロジェクト第三弾 -祠につづく道- 長島愛生園にある手掛島。 引き潮の時にだけ現れる道を舞台に ダンサーの平井優子さんが静かに踊ります。

2021.05.19 水

青い鳥楽団の足跡

長島ストーリープロジェクト第二弾 -青い鳥楽団の足跡 昭和28年に長島愛生園で結成された青い鳥楽団のリーダー近藤宏一さんの音楽や詩の世界を、三人の音楽家が現代に再現する姿を映像化。 〈short.ver〉 〈long.v …

アクセス

701-4592 岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539

営業時間:8:00〜16:00(土・日は18:00まで営業)

定休日:月・火曜日

Tel:080 2923 0871 e-Mail: