ハブヒロシ

ハブヒロシ

音楽家・遊鼓奏者
金ノプロペラ舍 代表
高梁市地域おこし協力隊
特定非営利活動法人 丹田呼吸法普及会 副理事長

東京造形大学映画専攻を卒業後、馬喰町バンド等と共に音楽活動に専念。
インドネシア国立芸術大学やセネガル人間国宝ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ・ファミリーの元などで世界各地の音楽を学べば学ぶほど、自らの出自を見つめざるを得なくなり、長年の探求を経て自作の太鼓「遊鼓」が誕生。
2017年には自らの生活をゼロから見直す為、東京から岡山県高梁市まで遊鼓を叩きながら歩いて移住。
移住先の高梁市では「ハブライブ!ラブライフ!」を催し、OKI、あふりらんぽ、UAなど唯一無二の音楽家を迎え今までにないコラボレーションが花開く。
「金ノプロペラ舍」を設立し、自ら開発した「宇宙飛行暦」の制作、「丹田呼吸」の伝承、「打っただヒカル」など造形活動の他、小水力発電制作や山里の活性化、郷土芸能「長蔵音頭」の復活など超横断的な活動を通して新たなる世界を切り開いている
また、現在は岡山大学院医歯薬学総合研究科にて丹田呼吸が及ぼす心身の影響についての研究を進めている。