阿部海太郎

Umitaro ABE

作曲家。1978年生まれ。楽曲のみならず、コンサートの企画やアルバム制作など、すぐれた美的感覚と創造力から生まれる独特で知的な音楽表現に、多方面より評価が集まる。蜷川幸雄氏に見出されその劇音楽を数多く手がけたほか、舞台、テレビ番組、映画、様々なクリエイターとの作品制作など幅広い分野で作曲活動を行う。音楽を手掛けた主な作品に、100万回生きたねこ』『百鬼オペラ 羅生門』(演出:インバル・ピント&アブシャロム・ポラック)、『イーハトーボの劇列車』(演出:長塚圭史)、WOWOWシネマ『W座からの招待状』、NHK『日曜美術館』テーマ曲、映画『ペンギン・ハイウェイ 』(原作:森見登美彦 監督:石田祐康)など。今年初めての楽譜集『阿部海太郎 ピアノ撰集 ーピアノは静かに、水平線を見つめているー』が刊行された。

www.umitaroabe.com